7月22日(土)けやき小屋~愛と命の営み~お話会 ¥3,300

明治初期までは、月経小屋という風習がありました。

 

それは「月屋」とかいて、けやき小屋と読みます。

 

月経は命の循環、神聖なる儀式であり、ご不浄と呼ばれながらも月経時にはケヤキという神聖なる木でできた小屋でした。

 

このときばかりは女性が家事や農作業から解放される場所として、存在していたといわれています。

 

しかしながら、戦後の女性は働く自由を手に入れたものの、男性の競争原理社会にもまれ、ストレスで生理不順になったり、止まってしまう方も少なくありません。

 

なかには、生理痛で救急車を呼ぶ方、お仕事を休む方もいらっしゃいます。

 

激しい痛みを鎮痛剤でおさえながら仕事や家事をするべきなのでしょうか?


わたしたち女性に与えられた命の営みは、ただそれを受け入れて宇宙のリズムとの調和や陰陽のバランスを実感していくことでしょう。

 

快調に過ごせるときもあれば、弱いときも、しんどいときがあっても良いのです。

 

そこを受け入れることで新たな創造が始まります。

 

子宮とつながるために必要な情報や本来の身体の力、女性の本能に目覚めるきっかけをつくりませんか?

 

おばあちゃんからお母さんへ、お母さんから娘へ、近所のお姉さんやおばさんから代々と受け継がれてきた、女性体の神秘を現代から未来へと繋げて行きましょう。


「このような方におすすめ」

 

・布ナプキンを始めるきっかけを得たい方

 

・子供たちに初潮や命の営みについて伝えて行きたい方

 

・月経力を目覚めたい方

 

・生理痛や更年期の不快な症状を緩和したい方

 

・パートナーシップやセクシャリティーについて感情解放をしたい方

 

・女性らしくふるまうことを抵抗なく受け入れられるようになりたい方

 

・自分をまるごと認め、愛せるようになりたい方


「けやき小屋 お話会の詳細」

 

・お肌がモチモチになるフェイシャルクレイパック

 

・女性性を開花するお花のアロマ瞑想

 

・月経のサイクルとホルモン分泌のおはなし

 

・月経お手当の歴史

 

・経皮吸収と経皮毒のリスク

 

・布ナプキンとは

 

・セクシャリティーと女性性の癒し

 

・自分を認めまるごと愛すること

 

※場の雰囲気によってお話会の内容が変わります。


「持ち物のご案内」

 

・手鏡

 

・ターバン

 

・フェイスタオル1枚

 

※フェイシャルパックは全てメイクを落とした状態で塗布しますので、必要であれば洗顔料をお持ちください。

 

※パックの後はメイクをできますので、必要であればお化粧道具をお持ちくださいませ。


「けやき小屋 ~愛と命の営み~ お話し会の開催概要」

 

7月22日(土)14:30-16:30 定員3名様

 

講座代:¥3,300(クレイフェイシャルパック、女性性を高めるプレゼントつき)

 

けやき小屋お話し会のお申し込みは、こちらからお願いいたします。

 

※講座代は、当日現金でお支払いくださいませ。

 

※女性性を高めるプレゼントを準備するため、3日前からのキャンセルはお控えください。